株に失敗するってどういうこと?

株で失敗をして大きな借金を抱えたという話を聞いて、なぜそのようなことになるのだろうかと疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。
借金をしてでも株に投入をしなければ最悪でも借金を背負うことがないのではと考えるかもしれませんが、株には信用取引というものがあり文字通り借金をして投資をすることができる仕組みがあります。
信用取引というのは証券会社からお金や株を借りて売買する方法であり、資金の3倍の金額のお金を運用することができるので大きな利益を手にすることができる可能性のある一方で、大きな損失を出してしまう恐れもあります。
基本的には資金がマイナスとなるような状況になると、強制決済されて借金にはならないようになっているのですが、例えば企業が倒産をしたという状況になった場合強制決済をされるにしても、そのような状況ではすぐに買い手も出てこないので決済された時には大きな借金を抱え込んでしまうということがあるのです。
そして、この際に投じている資金が信用取引だけでなく他の金融機関からも借りたお金を使っているのであれば、莫大な金額の損失を発生してしまい再起不能になってしまう恐れがあるのです。
このように株で失敗するというのは、無茶な借金をした時に起こりやすいものとなっています。
しかし、普通に借金をしないで売買をしている範囲であれば最悪の場合でも投資したお金を失ってしまうだけですから、投資をするときには最悪なくなっても困らないという金額で投資をすることで、大きな失敗をしてしまうということがなくなるため過度のリスクを恐れる必要もないのです。
また、信用取引も利用の仕方が問題なだけで使い方次第では便利なものとなっていますから、リスク管理を徹底していれば失敗をすることもないのです。

株に失敗した人の末路

株に失敗した人はどのような末路をたどるのか知っておくことは、投資をする上で役に立つ物です。
失敗をした人の経験から、同じ轍を踏まないように気をつけることが出来るためです。
株で失敗をした人のうち、資産の大半を溶かしてしまったというパターンの場合、そのような人は投資自体をやめてしまうというケースが多くあります。
元々、投資にあまり興味がなく銀行にあずけておくよりはという軽い気持ちで始めて、訳もわからずに大きな損失を出してしまったという人は投資に懲りてしまって株を完全にやめてしまうというケースが多いものです。
このような場合はまだましな方で大事な資産を失ってはいるものの、借金を背負っていないだけその後慎ましく生きればよいのですから、救いがあります。
しかし、借金をして株で失敗をしたような人の末路というのは悲惨なもので、自己破産をしても免責されずに巨額の借金が残ることがあるので、いつまでもそのお金を返し続けることになってしまいます。
財産などは全て失って、借金だけを返済することに嫌気が差し首をくくってしまうという人も跡を絶ちません。
失敗と成功は表裏一体の関係ですから、上手く巨万の富を築くことができる人がいる一方で無茶な取引をしていればこのような末路が待ち構えているのです。
相場の世界というのは一寸先は闇ですから、一時期好調であっても無謀な取引をしていれば一夜にして全てを失ってしまい、大きな借金を抱えてしまうということも珍しくありません。
株というのはギャンブルではありませんが、ギャンブル的な取引をすることが出来るものであるため失敗した時のことを考えずリスクを取ると、悲惨な末路が待っているということもあるのです。

株失敗者が話す株の裏話

株で成功する人もいれば、一転して大失敗してしまう人もいます。とはいえ、株で失敗した人も全く勝てていなかったわけではありません。
ある時までは儲けてたにもかかわらず、ちょっとしたことで手放すのが遅れ、結果としてズルズル来てしまったという人が多いのです。
これから株を始めようとする人は成功した人の話を聞くことはもちろんですが、失敗した人の話を自分ごととして受け止める必要があります。
株で失敗した人の大半はいつかは値が上がるだろうと、多少値が下がっていたとしても売るのを我慢した人たちです。
人間は一番値の付いたところで売ろうとします。まだ値は上がると思っていると、その売り時を逸してしまい、結果として損をしてしまうのです。
一方、株で成功する人は最高値で売り抜けようとするのではなく、ある程度の利益が見込めた段階ですぐに売りに出す傾向にあります。
別に1つの銘柄で利益を出さなくてはいけないのではありません。株式市場はそれこそたくさんの企業の株が買えるわけで、その分、利益を生み出すことは可能なのです。
またそうした自信があるため、最高値から多少下がったとしてもすぐに売ることができます。
また、損をした時でも損切りと呼ばれる、このラインに達したら売却しようというものを厳格に決めている人も成功する人の特徴です。
これがいずれ回復するだろうと思ってしまうような人だとかなりの大損をしてしまいます。
仮に損をしても、次で巻き返せばいいのが株です。
1つの銘柄で決着をつけようとするために失敗してしまい、成功する人は全体的な流れを見て参加することができます。
1つの銘柄だけ応援したい人は別ですが、相場で資産運用したい場合には1つの銘柄にこだわらない姿勢が求められます。

トップページへ